ファクトリーオートメーション(FA)
プロセスオートメーション(PA)

ローラー・モジュールG20 ZPA —コンベヤ・テクノロジー向けのインテリジェント・バッファ・システム

2019-10-29

ローラー・モジュールG20 ZPA —コンベヤ・テクノロジー向けのインテリジェント・バッファ・システム
G20 ZPAモジュール

重く壊れやすい商品の輸送や手作業を伴うアプロケーションでは、ゼロ・プレッシャ集積によって、コンベヤ・ベルトでの作業を簡素化できます。 個別にタイミングを合わせたコンベヤ・システムは、製品やパッケージの間隔を事前設定された距離で維持するため、不用意な衝突による損傷を防ぎます。 コンベヤ・ベルトのタイミングを正確に設定するには、Pepperl+FuchsのG20 ZPAローラー・モジュールによって、コンベヤ・ベルト上のパッケージの送り込みを調整して、コンベヤ・ベルトを離れるパッケージの速度に合わせることができます。時間のかかるプログラミングは不要です。新しく開発されたこのモジュールは、特に費用効果が高く、フィールドバス・インフラストラクチャ、制御システム、特別なツール、追加のケーブル無しで動作します。 このインテリジェントなソリューションの詳細をご覧ください。


プラグ・アンド・プレイ モジュール

G20 ZPAモジュールは簡単に組み込みができます。モジュールは、ピアス・コンタクトによってフラット電源ケーブルに接続します。 特別な工具は必要ありません。上下逆さにも設置が可能なため、再配置も簡単です。 これにより、現場ですぐに操作できるモジュラ・コンベヤ・セグメントの構築が可能です。 必要なポートはすべてスリムモジュールに組み込まれており、レールの取り付けも容易で、すっきりとしたプラント設計を実現できます。

統合されたロジックにより、接続されたモーターの制御、高速試運転隣のモジュールの自動検出が可能です。 特別なデバイスやプログラミングは必要ありません。 3つのロータリー・スイッチで、速度と回転方向を決定し、7つの動作モードから1つを選択します。 オプションのZPAアナライザ・ツールは、試運転と診断にも使用できます。 接続したすべてのデバイスとその設定のリストが自動的に生成されます。



G20 ZPAモジュールは、必要なローラーのみをコントロールし、他のすべてを「スリープモード」にします。

コンベア・システムのためのフレキシブルで費用効果の高いソリューション

G20 ZPAモジュールは、必要なローラーのみをコントロールします。 それ以外のローラーを「スリープモード」にします。よって、エネルギーコストが大幅に削減されます。 5つの開始ランプと停止ランプにより、コンベヤ・ベルトの段階的な加速と減速が行われ、長期的にはローラー・ギアの保護につながります。 このモジュールは、フィールドバスとは独立して動作し、最大256個のモジュールを直列に統合できるため、柔軟な設置が可能です。

G10ハウジングの電圧リミッタは、ローラー・コンベヤが停止するときに発生する過剰なフィードバック電流を遮断します。 これにより、電源の過電圧シャットダウンが防止されます。 コンパクトなG10リミッタは、フラットケーブルに簡単に取り付けて、最大4つのローラー・モーターの電流リターンを抑制できます。


マテリアル・ハンドリングにおけるゼロ・プレッシャ集積

G20 ZPAモジュールのハイライト

  • マテリアル・ハンドリングでゼロ・プレッシャ集積にするためのG20 ZPAモジュール
  • 統合されたロジックにより、追加デバイス、制御システム、プログラミングを必要とせずに、プラグ・アンド・プレイのコミッショニングが可能
  • ピアス接続によるフィールドバスから独立した組み込み
  • フレキシブな位置決めと再配置
  • 監視用のZPAアナライザ

e-news

Subscribe to our newsletter for news and interesting information from all around the world of automation.

Subscribe
amplify–The Pepperl+Fuchs Magazine

Discover our online magazine! Exciting success stories, application reports, interviews, and regional news are awaiting you.