Serviceline
Serviceline Industrial Sensors
Serviceline Explosion Protection

利用規約

ウェブサイト利用規約

以下の規約は2009年12月9日に更新致しました
(この利用規約(以下「本規約」といいます)はPEPPERL+FUCHS GmbHより発行された本規約
の英語版を翻訳したものです。解釈に疑義が生じた場合は英語版を基本とします。)

1. 概要
このウェブサイトは株式会社ピーアンドエフ(以下、当社)により所有および運営されています。

株式会社 ピーアンドエフ
〒226-0006 横浜市緑区白山1-18-2
ジャーマンインダストリーパーク
電話番号:045-939-7802
FAX番号:045-939-7804
http://www.pepperl-fuchs.co.jp | sales@jp.pepperl-fuchs.com
 

以下“当社”

当社のウェブサイト上で公開または提案された情報、資料、商取引上の秘密事項、技術、製品、処理、データーベース、ソフトウエア、サービス及び一般的な内容の使用は下記条件によるものとします。

2. 利用条件
当ウェブサイトの利用に際し、利用者(以下、ユーザー)はここに記載された本規約に同意したものとし、ユーザーの権利は第三者または団体に移譲することできません。また、本ウェブサイトの利用に際しユーザー登録を必要とする場合、(ユーザー)は当社の定める方法によって登録をし、ユーザーID、パスワードを自己の責任において管理するもとします。ユーザー登録の際は本規約における利用条件への同意が必要です。

3. 知的財産権
当ウェブサイトに掲載されている文章、テキスト、ソフトウエア、写真、ビデオ、グラフィックス、音楽、音響などは各国の著作権法、特許及び商標登録法により保護されています。
商標、特許、著作権取得材、商取引秘密事項、技術、製品、プロセスなどのライセンスや権利を移譲、譲渡するものではありません。

ユーザーは当ウェブサイトおよびコンテンツにおける内容の変更、配布、送信、譲渡・販売、デリバティブの立ち上げなどの不正使用はできません。ユーザーがダウンロードをする著作権を有する資料は、ユーザーの個人使用目的のみとし、特別に法律で許可されている場合を除き、当社及び著作権保持者における事前の許可がない限り、複写、再配信、再発送、掲載、販売をすることはできません。

仮に事前に許可を受けた著作権を有する資料を複写、再配信、掲載する場合、商標デザイン、著作権の注意書き及び内容など著作者のオリジナルを変更、削除することはできません。
ユーザーによる再配信や掲載により生じた損害や不利益は、全てユーザーの責任となり、損害賠償を請求するものといたします。

4. 禁止事項
ユーザーは当ウェブサイトを合法的な目的にのみ使用し、当社または第三者の権利、財産、プライバシー、利益などを妨害・侵害するいかなる行為を行うことはできません。
当社の事前許可なく、当ウェブサイトのコンテンツをモニタまたはコピーする機器やソフトウエアなどを使用しないことに同意します。
また、当社の事前承認なしに当ウェブサイトを他のウェブサイトにリンクすることも禁止します。

5. 免責
ユーザー当ウェブサイトの利用を自己の責任において使用することに同意します。

当ウェブサイトの情報には細心の注意を払っていますが、全ての情報はいかなる保証を提供するものではありません。 また不具合やコンピュータウイルスがないことを保証するものではありません。

当ウェブサイトのコンテンツは情報提供目的とし、全ての情報が正確であることに努めておりますが、これらの情報には誤字や技術的に不正確な内容が入っている場合があります。当社および当社の全てのグループ会社、コンテンツ情報提供者、役員、代表者、社員はこれら情報の不正確さや誤表記、不記載、情報提供の遅れに対しいかなる賠償責任を持つものでもありません。

6. 製品の入手性
当ウェブサイトはPepperl+Fuchsグループにおける全世界の製品情報を含んでいます。
しかし全ての製品が全ての国で入手できるものではなく、また、製品・サービスを全ての国で提供できることを保証するものではありません。

7. 第三者ウェブサイトへのリンク
当社以外のウェブサイトからこのサイトにリンクされている場合、当社はウェブサイトの利用条件や使用しているcookiesまたは個人情報保護に関する責任を負うことはできません。当ウェブサイトをリンクしている第三者のウェブサイトなどは、その第三者の責任で管理されている為、その内容について当社が責任を負うものではありません。

8. 変更
当社は、当ウェブサイトの利用条件、関連記事、デザイン、利用時間および利用のために必要な機器の変更、中断、追加をいつでも行える権利を保有するものとします。

(利用条件のアップデートは2009年12月9日に行いました)

9. ハードウエア及び機器のメンテナンス
ユーザは必要な全てのテレコミュニケーション、コンピュータハードウエア及びその他のウェブサイトを利用するための機器のメンテナンスを行い、全ての関連する負荷をサポートする義務を有します。

10. 準拠法
当ウェブサイトに関する問題、訴訟、係争は本社のあるドイツの法律を適用いたします。