ファクトリーオートメーション(FA)
プロセスオートメーション(PA)

デジタルネットワークへ道を開くIO-Link


IO-Linkはシームレス通信とディジタルデータ転送を、制御レベルからセンサレベルまで可能にします。IO-Linkは、知的デバイスの可能性を高め、自動化技術でインダストリ4.0の道を開きます。国際標準化されたインターフェースは、プラント設計から稼働・メンテナンスを考慮した工事まで、すべてのステージで威力を発揮します。これによって、コスト削減と効率の向上を実現します。

 

ソフトウェアツールを使用して、標準化されたデバイス記述ファイル(IODDs)でパラメータが便利に設定でき、IO-Linkセンサとアクチュエータのシステムへの取り込みが確実に実行できます。透過性のあるパラメータ管理は、アプリケーションでの柔軟性を高めて、休止時間を最小にします。複雑な生産変更やバッチ処理変更でも、すぐに容易にパラメータを調整できます。センサの透過性によって、予知保全を考慮した包括的な範囲のパラメータ管理と診断機能を、ユーザは実行できます。

 

Pepperl+FuchsはエンドツーエンドのIO-Linkソリューションを提供します。さまざまIO-Linkセンサの他にも、IO-Linkマスタを統合したイーサネット・モジュールなど多岐にわたったラインアップがあります。

 

この組み合わせによって、現場のIO-Linkセンサと、システムの管理・制御レベル間のシームレスな通信を容易にします。

通信規格として、IO-Linkはインターフェースの点数を限定しています。その代わりに、コントロール入力点数を増やしています。

長期的に見ると、これは柔軟性を高め、計画と管理コストを削減します。

 

将来のプラントに備えて、現場レベルへの透過性のある情報伝達の効果によって持続的な利益をすべてのレベルで得ることができます。IO-LinkはIEC61131-9で国際標準化さています。この投資は長期に渡って安心が確保されます。



IO-Link System Solutions from Pepperl+Fuchs

An internationally standardized, cross-vendor open interface, IO-Link is an integral part of Pepperl+Fuchs’ Sensorik4.0® solutions. Learn more about the intelligent communication technology ...