From Idea to Solution:

Sensorik4.0®

インダストリ4.0アプリケーション向けのセンサ・ソリューション

Sensorik4.0®-アイデアからソリューションへ

スマート・プロダクツ

スマート・プロダクツ

インダストリ4.0は、インターネットを介してデータを交換するスマート・プロダクツのビジョンを定めています。 プロセスは、リソースを節約しながら、状態、位置など、有用性のあるデータを利用して最適化します。 適切な情報を、適切なタイミングで、適切に、配置することは、将来のビジネスの成功の構成要素の1つです。
スマート・センサ

スマート・センサ

センサは、マシンやプラントの目と耳です。 生産プロセスとマシンの環境を正確に監視する必要があります。 このタスクを実行するために、センサはプロセスと環境に柔軟に適応し、機能データを処理ユニットに迅速に伝達します。これが、Pepperl+Fuchsの「Sensorik4.0®」です。
スマート・データ

スマート・データ

製造プロセスを評価するために、利用可能な豊富なセンサのデータから正しい情報がフィルタリングされます。 これは、さまざまなソフトウェア・プラットフォームからの多様なデータを接続することによって実現されます。 適切な分析とデータの視覚化により、マシン・プロセスの詳細な最適化が可能になります。
スマート・プロセス

スマート・プロセス

計画したデータをオブジェクト、マシン、プラントからの実際のステータス情報と接続すると、複雑なタスクを自動化できます。 予知保全と供給プロセスは、最小限の人間の介入で実装されます。 これにより、リソースが節約され、新しいアイデアやイノベーションに使用される貴重な容量が解放されます。

Sensorik4.0® 製品




Neoception GmbH – the new subsidiary of Pepperl+Fuchs

デジタル化と付加価値

Neoception GmbH

Neoception GmbHは、デジタル化へのパートナーです。 製品やプラントを中央データ・サービスに接続すること、会社のまったく新しいビジネスモデルを開発することなど、当社はガイダンスとサポートを提供します。

個別のコンサルティング、柔軟なエンジニアリング・サービス、およびPepperl+FuchsのSensorik4.0®のコア・コンピタンスにより、必要なすべてのITサービスの実行、運用、保守を引き受けます。 お客様のために可能な限り多くの価値を創造することを常にフォーカスしています。

アプリケーションに命を吹き込むために、ソリューション・パークを垣間見ることができるビジネス・パートナーの大規模なネットワークを利用しています。 このネットワークにより、お客様とお客様のアプリケーションに最適なプラットフォームを見つけて、すぐに価値を付加することができます。

Neoceptionは、Pepperl+Fuchsグループ内のデジタル付加価値サービスの主要なパートナーです。

Neoception is your key partner for digital added-value services within the Pepperl+Fuchs group.

 

ソリューション・パークによるインダストリ4.0






Sensorik4.0 by Pepperl+Fuchs



センサとアクチュエータによって収集されたデータは、マシンやその他オブジェクトの広範囲のネットワークの基盤を構築します。 この「IOT」の可能性を利用するためには、最新の産業用センサの通信機能を活用する革新的なソリューションが必要です。

「ソリューション・パーク」により、Pepperl+Fuchsはインダストリ4.0へのアプローチを展示会で披露しました。センサとアクチュエータからのプロセスとステータス・データは内部や外部のITシステムでアクセス可能になります。 このデータを使用して、ITシステムは視覚化機能を実行し、モデルベースの最適化手順を実現し、需要ベースの予防保全プロセスを計画します。

IT企業と緊密に連携して開発されたソリューション、その明確な利点、および将来に向けて提供される改良点について詳しく学びます。

Sensorik4.0®:インダストリ4.0への開拓

Pepperl+Fuchsは、Sensorik4.0®が第4次産業革命のパイオニアであると考えています。それは、必要なデータを提供します。 Sensorik4.0®の一例は、R100光電センサです。このスマート・センサは、ベルリンのPepperl+Fuchsで自社製造されています。 R100はIO-Linkインターフェースにより、センサ・レベルまでの通信を可能にし、完全に接続されたプラントを実現します。

LB PROFINET ゲートウェイ—新たなスタンダード

Pepperl+Fuchsの新製品、Zone 2, Class I/Div. 2認定済みリモートI/O PROFINETゲートウェイは、取り扱い、使いやすさ、セキュリティに新しい基準を設定し、プロセス業界のインダストリ4.0アプリケーションへの扉を開きます。 

センサのインターネット—日常生活の自動化

IoT(Internet of Things)は、私たちの日常生活を自動化します。 センサのインテリジェンスとインターネットへの接続が増えるにつれ、センサは商品、機械、プラントの場所や状態に関する重要な情報を提供します。 未来は、スマート・シティ、スマート・インダストリ、スマート・ロジスティクスによって形作られることでしょう。

ハイデルベルクのスマート・シティ

Sensorik4.0®:2-D LiDARセンサによるカスタマイズ

Pepperl+Fuchsの2-D LiDARセンサを用いたインテリジェント・マルチ・センサ・システムは、オブジェクトの輪郭を正確にスキャンし、測定データを3-Dポイント・クラウドに結合できます。 スキャンされたオブジェクトの3次元画像は、数秒以内に標準化された形式でNeoNeonクラウドにアップロードされるため、他のシステムでデータをすぐに処理できます。

Sensorik4.0®—ツイン・スペースで実質的に部品を開発

実マシンと仮想マシンはどのように効率的に連携できますか? デジタル・ツインセンサ・テクノロジークラウド・ソリューションは、どのようにして、材料を無駄にすることなく、またはバッチサイズ1以外で、流れ作業の生産に貢献しますか? 完全に機能を再現したツイン・スペースの展示では、ボタンを押すだけで、製品化する前に、仮想的に部品を開発および最適化を可能にしたデモンストレーションを行っています。

サービスとしてのセンサ・データ—センサ情報を利用可能に

インダストリ4.0の生産プロセスのネットワークには、さまざまな機能原理を使用したセンサの包括的なアプリケーションが必要です。 光電センサ、超音波センサ、RFID、位置決めシステムなどがあてはまります。 この情報はインターネットですぐに利用できます。つまり、「サービスとしてのセンサ・データ」です。

Neoception のアプリは、産業用センサからプロセス・データを送信するためのベースを形成します。 標準のゲートウェイで動作し、センサ・ハードウェアをさまざまなクラウド・プラットフォームに接続できるようにするソフトウェア・アダプタです。 これにより、IOTに簡単にアクセスできます。

製品調査:「任意のフィールド・デバイスの接続」

CodeWrightsNeoceptionPepperl+Fuchsは、製品調査「任意のフィールド・デバイスの接続」で、フィールド・デバイスを既存のITインフラストラクチャにスムーズに統合し、データをリアルタイムで利用できるようにする方法を示しています。 このフィールド・デバイス・データの可用性により、リモートでプロセスを監視し、個別に分析することができます。

PickFinder

特定のインダストリ4.0のシナリオには、従来のセンサでは対応できない正確なオブジェクトの分別の要求があります。 Pepperl+Fuchsの子会社であるVMT Bildverarbeitungssysteme GmbHは、オブジェクトのインテリジェントな検出とセグメント化を確立することにより、このアプリケーションがどのように解決されるかを紹介しています。

一例として、「PickFinder」で小さなチョコレート・タブレットの仕分けを行います。 チョコレートにはさまざまな色と形があり、一般的なソリューションでは仕分けとボウルの抽出が克服困難な問題になっています。 ソフトウェアと精密ビジョン・センサをユニバーサル・ロボットと組み合わせることで、柔軟な人間とロボットのコラボレーションのデモンストレーションが実現し、製造の未来を垣間見ることができます。

ワイヤレス超音波センサ

タンク、サイロ内の液体、バルク材料の検出:充填レベルの測定は、オートメーション・テクノロジーで最も一般的なタスクのひとつです。 インダストリ4.0向けに、このアプリケーションをインテリジェントに再構築することで、まったく新しい利点が生まれます。

Pepperl+Fuchsの長寿命バッテリー駆動超音波センサは、モバイル・ネットワークを介してさまざまなコンテナの充填レベルデータを、Neoceptionからワイヤレスでクラウドに送信します。 データは、SAPのConnected Goodsアプリケーションで場所独立型のインタプリタにかけられ、クラウドに保存されます。 その結果、遠隔測定ポイントを監視し、相互に関連付けができ、生産、ロジスティクスのプロセスの詳細な最適化が計られます。

モビリティ機器

本質安全防爆のSmart-Ex®02スマートフォンは、スマートフォン、PDA、スキャナ、カメラの機能を組み合わせて、Zone 1/21、 Zone 2/22、Division 1/2の危険場所でも、モバイル・ワーカーの日常業務をアシストします。 Smart-Ex 02は、本質安全防爆型サーマル・ビデオカメラCUBE800や危険場所スマートウォッチSmart-ExWatch 01などの革新的な周辺機器と組み合わせると、現場でさまざまなタスクを行うモバイル・ワーカーをサポートできます。 これによって、インダストリ4.0アプリケーションの新しい可能性を開くソリューションを手に入れることができます。

Smart-Ex® 02の詳細

プロセス・オートメーション向けイーサネット

Pepperl+Fuchsはいくつかの企業と、「Advanced Physical Layer」(APL)を共同で開発しており、プロセスの自動化における包括的なイーサネット通信を可能にしています。 2線式ケーブルで、フィールド・デバイスはイーサネットに直接接続されます。ゲートウェイは不要になりました。

通信速度10 Mbit/sのイーサネット接続は、HARTに比べ約10,000倍高速です。 したがって、データの転送と処理がはるかに高速にできます。 最新のフィールド・デバイスとセンサによって提供される豊富な情報を十分に活用できるため、プロセス・オートメーションインダストリ4.0アプリケーションを実現できます。

マシンの高度な監視

このアプリケーションは、システム・オートメーション会社の CluetecとPepperl+Fuchsによって開発され、センサ・データのストリーミング・プラットフォームを実演しています。 このようなプラットフォームの利点は、センサからのデータ・ストリームの直接処理と評価にあります。 期待値からの逸脱がある場合、プラットフォームは警告メッセージを生成するため、技術システムをチェックするためのヘルプを個別に要求することができます。

この展示は、直線軸の監視を視覚化しています。 障害が発生すると、センサ・データ・プラットフォームによって認識され、対応するイベントが生成されます。例えば、メッセージが技術者に送信されます。

ホワイトペーパーのダウンロード

自動資産管理

純粋なプロセス・データに加えて、デジタル通信を行うオートメーション・コンポーネントは、従来のマシン制御ではほとんど完全に評価されない多数の追加情報を提供します。 ゲートウェイを使用して最下位レベルのオートメーション・コンポーネントにアクセスし、データ・プラットフォームを使用してタイプとインスタンスのデータを管理することにより、この追加情報は、マシンとプラントの安全な運用に貴重な追加の利点を提供しています。

Pepperl+Fuchsは、パートナーであるHilscher Gesellschaft für Systemautomation mbHSAP SE と協力して、データ・プラットフォーム上でコンポーネント・データを一元管理しています。その利点を視覚化するデモンストレーターを展示しています。 Asset Intelligent Network(AIN)を使用して単純な自動化機能を視覚化しています。

ホワイトペーパーのダウンロード

センサからクラウドへ

Pepperl+Fuchsは、OPC UAインターフェースを搭載した初のIO-Linkマスタを発表しました。 マスタは、フィールド・レベルでIO-Linkデバイスからデータを収集し、コントローラやクラウド・システムなどの上位レベルのシステムに転送します。 組み込まれたMultiLink™テクノロジーにより、データをPROFINETやEtherNet/IPを介して上位レベルのコントローラに送信し、同時にOPC UAを介してクラウドやプライベート・プラットフォームに送信できます。

OPC UA (Open Platform Communication Unified Architecture) は、自己記述型のデータを扱うことができます。 これにより、クローズド・ネットワークとインターネットの両方で、生産およびマシンとシステム間の通信において、プラットフォームに依存せず、相互運用可能で、メーカーに依存しないマシンのコラボレーションが可能になります。

クラウドベースのアプリケーションのソリューション

クラウドベースのタイプ検証

クラウドベースのセンサ・システムは、空間的に離れた生産システムからのデータがいつも収集、処理され、本質的に有益に実行されます。SAPとPepperl+Fuchsの共同プロジェクト「クラウドベースのタイプ検証」は、ジャストインタイム・アプリケーションで実施されます。典型的なジャストインタイム・アプリケーションとして、最終処理がより効率的になるように、コンポーネント・サプライヤによって半完成品の状態でのテストの実施が挙げられます。

キャリア上のランプの組み立て中に、産業用超音波センサがランプのタイプを確認します。 次に、Pepperl+FuchsのSmartBridgeテクノロジーを用いて、生産追跡プロセスがSAP Cloudでトリガーされ、上位レベルのSAP Asset Intelligence Networkに直接送信されます。

ホワイトペーパーのダウンロード

クラウド接続デジタル油圧

油圧は、建設機械や自動車から大型の産業用プレスまで、あらゆるものに使用されています。 油圧アプリケーションのプロセスをさらにスリムで透明性の高いものにするために、Pepperl+Fuchsグループのパートナー企業であるオーストリアの会社 LCM GmbHは、従来のアナログ油圧システムよりも大幅に少ないエネルギー消費を実現したデジタル油圧システムを開発しました。

インテリジェント・センサ・テクノロジーをデジタル油圧装置およびインフラストラクチャに統合することにより、取得したデータをOPC UAを介して上位レベル(クラウド)システムに直接転送できます。これは、油圧システムの分野での新しい基準となります。

アプリケーションの詳細

寸法の整合性チェック

複数のセンサからのデータを結合することによって、大きな機構部品の3次元分析が、迅速かつ非常に正確に実行することができます。 実物の測定値は、仮想の設計データとすぐに比較されます。 これは、製品ライフ・サイクルのすべてのフェーズからデジタル化されたデータを提供するインダストリ4.0の必要条件を満たしています。

Pepperl+Fuchsは、子会社のVMTと協力して、自動車エンジンの組み立てプロセス用のアプリケーションを開発しました。 複数のスキャン・センサで、さまざまな重要なポイントでモーターブロックのエンジンキャストを評価し、その寸法をそれぞれのCAD座標と相関させます。コストのかかる鋳造プロセスが開始される前に偏差を検出し評価します。

ホワイトペーパーのダウンロード

お問い合わせ