ファクトリーオートメーション(FA)
プロセスオートメーション(PA)

生産工場における信頼性の高い品質管理

微小なターゲットの正確な検出と距離測定

アプリケーション

生産工場では、製品が完成するまでに、さまざまな生産ステップを経ます。 自動コンベヤ・システムは、それぞれの生産ラインを接続し、ボックスまたはトレイ内の半完成品を次の処理ステーションに搬送します。 自動処理を可能にするためには、これらの半完成品を正確に配置することが重要です。 流れに沿って搬送できるのは、正しい位置にある搬送品のみです。 正しく配置されていない搬送品は、分離して再配置する必要があります。


ゴール

搬送品が間違った位置にある場合、生産工場に深刻な結果をもたらす可能性があります。プロセスの中断は、搬送品が正しく処理されていない、またはエラーが発生した場合です。 誤って配置された搬送品を迅速かつ確実に識別して切り分けることが重要です。半完成品が非常に小さい、または技術的、光学的な理由で製品に手直しができないことが多いため、検査は最小単位で実施する必要があります。

生産施設で利用可能なスペースが狭い場合もあり、中間処理ステップ時に周囲温度が高いことがよくあります。 この環境で動作する産業用センサは、スペースを節約し、より広い温度範囲に適している必要があります。


ソリューション

R10xシリーズは、正確なライト・スポットで微小なくぼみも検出します。
R10xシリーズは、正確なライト・スポットで微小なくぼみも検出します。

コンパクト距離センサR10xシリーズは、パワフルなDuraBeamレーザー・テクノロジーを用いているため、このアプリケーションに最適です。非常に正確なライト・スポットにより、微小なターゲットや特徴でも確実に検出できます。 実績のあるマルチ・ピクセル・テクノロジーとの組み合わせによって、距離はマイクロ・メータ・オーダーで測定されます。 R10xシリーズの光電センサは、微小なくぼみを検出します。また、高さのわずかな違いも検出して、ターゲットの正しい位置を示します。 これによってスムーズな自動化プロセスが保証されます。


ベネフィット

光電センサR10xシリーズは、さまざまな技術的なハイライトを提供します。
光電センサR10xシリーズは、さまざまな技術的なハイライトを提供します。

DuraBeamは、LEDセンサとレーザー・センサの長所を兼ね備えています。 -40°C〜 + 60°Cの温度で使用でき、長寿命です。コンパクトな設計の光電センサR10xは、限られたスペースでの使用に最適です。 コンパクトな測定コア部分によって、実績のあるマルチ・ピクセル・テクノロジーとの統合が可能になり、干渉のない非常に正確な距離測定が保証されます。光電センサR10xシリーズはIO-Linkインターフェースを搭載しており、シンプルなパラメータ設定・表示診断、センサのメンテナンスなど、さまざまな可能性をもたらします。 R100R101R103シリーズは、取り付け状況に応じて選択します。 これらは、同じ機能とテクノロジーの製品バリエーションですが、取り付け方法が異なります。


まとめ

  • 信頼性の高い品質管理
  • コンパクトな設計でMPT距離測定を実現
  • 精密なライト・スポットを用いた微小ターゲットの検出
  • 革新的なDuraBeamレーザー・テクノロジーによって、長寿命と高い動作温度範囲を実現
  • IO-Linkによるシンプルなパラメータ設定、診断、メンテナンス
  • スムーズなプロセス

e-news

Subscribe to our newsletter and receive regular news and interesting information around the world of automation.

Subscribe
R10x and R20x series photoelectric sensors

1つの製品で光電センサの機能と革新的なテクノロジーのソリューションを実現しました。 新製品R10x、R20xシリーズをご覧ください…