ファクトリーオートメーション(FA)
プロセスオートメーション(PA)

集光型太陽光発電、集光型太陽光蓄電

集光型太陽光発電(CSP)、集光型太陽光蓄電(CPV)アプリケーション向けのセンシング・ソリューション

集光型太陽光発電(CSP)、集光型太陽光蓄電(CPV)アプリケーション向けのセンシング・ソリューション
集光型太陽光発電(CSP)、集光型太陽光蓄電(CPV)アプリケーション向けのセンシング・ソリューション

集光型太陽光発電(CSP)、集光型太陽光蓄電(CPV)アプリケーションでは、考え得る最も極端な環境下で、ヘリオスタット、パラボラ集光器、反射鏡を正確に配置する必要があります。日中の激しい熱、夜間の急速な冷却、砂嵐、風などが、これらのアプリケーションの典型的な周囲状態です。 Pepperl+Fuchsの位置検出技術は、これらの厳しい条件下での信頼性と寿命を考慮して設計されています。

用途の広いインダクティブ近接センサを使用して、位置フィードバック、移動終了位置制限、「夜間」や「暴風雨安全」の際の位置確認を提供できます。特に屋外アプリケーション向けに開発して拡張された温度範囲と保護等級IP68 / IP69Kのセンサが最適です。


傾斜センサは、パラボラ反射鏡の仰角(傾斜)監視に理想的です
傾斜センサは、パラボラ反射鏡の仰角(傾斜)監視に理想的です

傾斜センサは、反射鏡や水平トラフの仰角(「傾斜」)の監視に理想的です。 0.5°の精度と保護等級IP68 / IP69Kを備えた重力基準センサは、0〜5Vまたは4〜20mAのアナログ出力と設定値プログラムの機能を持っています。

ロータリー・エンコーダは、任意の移動軸の回転位置フィードバックに使用します。したがって、単軸または二軸のトラッカに搭載されています。

アブソリュート・ロータリー・エンコーダ・モデルは、電力損失があっても、信頼性が高く正確な位置情報を提供します。

Pepperl+Fuchsの新しい磁気エンコーダとインダクティブ位置コーディング・システムは、完全に密閉された非接触技術を使用して正確な位置フィードバックを提供し、過酷なアプリケーション環境で信頼性の高い長い耐用年数を実現します。


実証済みのパフォーマンス、業界への取り組み

  • Pepperl+Fuchsは、信頼性の高い産業用センサを世界中の太陽光発電業界に提供した実績があります。
  • 世界最高のサービスとサポートで最高の製品をベストプライスで提供します。
  • 当社の製品はISO9001に準拠して製造されており、国際認証を取得しており、生涯保証が付いています。
  • 専門知識とビジネス経験に基づいて選択された世界各地の製造拠点は、世界基準を満たす最高の品質を保証した製品を生産しています。