ファクトリーオートメーション(FA)
プロセスオートメーション(PA)

太陽光発電製造

太陽光発電システムのセンシング・ソリューション

太陽光発電システムのセンシング・ソリューション
太陽光発電システムのセンシング・ソリューション

低コストと高品質は、太陽光発電システムのグリッドパリティを追求する上で重要な要素です。 Pepperl+Fuchsの産業用センサは、PVウェーハ、セル、モジュールのメーカが、機械の制御、プロセスの管理のために利用されます。これによって、生産目標を達成し、さらに目標を上回ることを可能にします。拡散炉を通して材料を追跡する場合でも、モジュールの組み立て後に欠陥を検出する場合でも、当社の産業用センサは、自動化された太陽光発電製造アプリケーションの幅広い範囲に渡って優れた価値を提供します。

バーコード・リーダデータ・マトリックス・リーダRFIDシステムは、製造、テスト、仕分けのプロセスを通じてキャリアとモジュールを識別し、トレーサビリティとプロセスの品質フィードバックを提供します。

インクリメンタル・ロータリー・エンコーダは、ウェーハ・キャリアのロードおよびアンロード中、および製造プロセス全体のコンベヤで速度と位置のフィードバックに使用されます。

さまざまな形状のインダクティブ近接センサが、自動組立作業で使用されるワーク・ピース・ホルダ、キャリア、およびその他の機械要素の正確な位置を検出します。

光学レーザー静電容量超音波近接センサは、コンベヤおよびロボット・マテリアル・ハンドリング設備上のウェーハ、セル、キャリアを簡単かつ確実に検出します。光学テクノロジーは、より長い検出範囲、正確なエッジ検出、バックグラウンド抑制が必要な場合に独自のメリットを提供します。耐薬品性ハウジングのセンサは、湿式プロセスアプリケーションや拡散炉などの高温環境用のガラス光ファイバーモデルで利用できます。

信頼性の高い超音波ダブルウェーハ検出システムは、工程内のスタック/アンスタックス操作中に真空グリッパ上の重なった複数のウェーハを検出することにより、機械の損傷と生産のダウンタイムを防ぎます。

光学位置決めシステム、WCS、VOS120、PCV80は、炉またはバッファ・アキュムレータをロードするとき、およびモジュール・アセンブリ操作で、ガラス・キャリアと基板を位置決めする際に、必要な精度で情報を提供します。

SafeBox™セーフティ・コントローラーと組み合わせたセーフティ・ライトカーテンは、危険なプロセスやマテリアル・ハンドリング設備内およびその周辺で作業する人員の安全を確保します。

Pepperl+FuchsグループVMTのマシン・ビジョン・システムは、文字とコードの認識、2D / 3D測定、重要な機能とアセンブリの完全性検査など、太陽光発電工場で最も困難な自動化アプリケーションのソリューションをいくつか持っています。