ファクトリーオートメーション(FA)
プロセスオートメーション(PA)

インテリジェント・通信テクノロジー―IO-Link


センサとアクチュエータの技術は急速に発展しています。

ただ単に、ON/OFFやアナログデータを伝送するだけのものではなく、マイクロプロセッサの進歩によってますます高度な機能を備えるようになりました。

これらは実際のセンサ機能を超越した付加価値があるデバイス知能の基礎を作ります。IO-Linkセンサは、測定値やON/OFF情報だけではなく、パラメータを保存や信号の品質やデバイスの状態のような付加情報を伝送することができます。

 

稼働中のパラメータ設定変更によって、システムの柔軟性バッチサイズ1の生産を可能にします。

 

IO-Linkは、メーカに依存しないセンサ、アクチュエータの通信技術として、グローバルに標準化されています。IEC61131-9規格を満たし、業界のどんなフィールドバスにも互換性があります。最も簡単なセンサとアクチュエータは、ON/OFF信号、識別、診断データを非シールド3線式ケーブルで伝送します。これによって、制御システムと現場のセンサ/アクチュエータレベルとの一貫した双方向通信を構築します。



IO-Link System Description

(0)

Whitepaper: IO-Link-Systembeschreibung 今すぐダウンロード

In this Whitepaper, learn more about the IO-Link technology.

e-news

Subscribe to our newsletter and receive regular news and interesting information around the world of automation.

Subscribe
IO-Link System Solutions from Pepperl+Fuchs

An internationally standardized, cross-vendor open interface, IO-Link is an integral part of Pepperl+Fuchs’ Sensorik4.0® solutions. Learn more about the intelligent communication technology ...